洗顔タイム

正しい洗顔で毛穴なしフェイス|キレイになる近道

正しい顔の洗い方

泡で洗う

ニキビは角質化によって塞がった毛穴の中に皮脂がたまって、そこにアクネ菌が増殖して発生します。ニキビは、洗顔により肌を清潔にして予防することが大切です。肌は元々弱酸性ですから、洗顔石鹸も弱酸性のものを選ぶ必要があります。そして、洗顔石鹸を選ぶには、ネットのランキングを参考にすると良いのです。

肌を守りながら洗うために

顔を洗う

洗顔しすぎると、肌から必要な成分が失われ、肌荒れを起こしやすくなります。そのため昨今では、肌に優しく、潤いを与えることのできる洗顔料の人気が高まっています。また、新しい角質を守ったり作ったりしながら古い角質を除去する洗顔料も、注目されています。使用することで、若々しい肌を維持しやすくなるのです。

方法を変えることが大切

顔を洗ってる女性

摩擦が起こらないように

洗顔の仕方が間違っていると、毛穴がつまりやすくなる可能性が高いです。正しい洗顔をするためには、洗いすぎていないか確認してみるとよいです。必要以上に洗ってしまうと、皮脂を落としすぎてしまいます。そうなってしまうと、より多くの皮脂がでることになり、毛穴がつまってしまう結果になってしまいます。摩擦が起きないようにしっかりと泡を作り、洗顔することで毛穴を綺麗にすることができます。また、洗顔料を変えることも必要です。毛穴を汚れをとるために、皮膚に強い刺激を与えてしまう洗顔料は使わないほうがいいです。一時的に毛穴の汚れをとることはできますが、毛穴が開きやすくなり、よりひどくなる可能性が高いので優しくケアをしてくれるものを選ぶとよいです。

つまりを解消する

毛穴を綺麗にするには、油分が多いものを使うなどしてみるとよいです。皮膚への負担を減らしつつ改善するならば、洗顔する前に顔を温めてみるとよいです。硬くなっている肌を柔らかくすることができるので、つまっている皮脂などを排出しやすくなります。洗顔の時は毛穴のつまりを無理して改善するのではなく、できる限り刺激を減らしてとることが重要です。しっかりと洗顔することも大切ですが、保湿効果があるものを使えばつまりにくくすることができます。汚れをとることも大切ですが、そのために肌を傷つけてはいけません。力を入れて洗顔してしまうと、肌にとっては大きな刺激になることもあります。基本は、ぬるま湯を使って優しく洗うことです。洗い方が間違っていないか、よく確認してみれば毛穴を綺麗にすることが可能です。

くすみのない肌に

顔をふく

ターンオーバーがおこなわれにくくなると、肌は古い肌細胞によってくすんだりたるんだりします。しかしたんぱく質を分解する酵素で洗顔すると、古い肌細胞が除去されます。酵素は皮脂も分解するので、皮脂による肌トラブルも防がれます。ただし肌細胞を過剰に除去しないよう、適度なペースで洗顔することが大事です。